みんな哲学の本屋さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲本って何?

このウェブログは、みんなで哲学を語ろう!メーリングリストに参加するメンバーが、オススメの書籍、CD、DVDなどを紹介するものです。
哲学というものを勉強したいが、書店に行っても難しい本ばかりでどういう本から読み始めればいいのかわからないという人でも、この「哲本」を見れば、読みたい本がきっと見つかると思います。
また、本を読むのはどうも苦手という人でも、映画を見ることで哲学を考えたり、音楽の中にある哲学を感じ取ったりしてもらえれば、哲学をもっと身近なものとして親しんでいただけれると思います。

目  次
哲本って何?
哲本の読み方
コメント、トラックバックの読み方
コメントを書きたい
トラックバックしたい
哲本で紹介されている書籍、CD、DVDを買う
書籍、CD、DVDなどを哲本に推薦したい
哲本にリンクしたい
スポンサーサイト

哲本の読み方

哲本は常に、新しい紹介文が一番上に表示されます。
ずっと以前に投稿された紹介文が読みたいときは、タイトルの下にある横長のカレンダーを使って、昔の投稿を読むことができます。
右のサイドバーには、「カテゴリ」という項目があります。自分の知りたい内容に合わせて、カテゴリをクリックし、投稿を読むこともできます。

コメント、トラックバックの読み方

紹介文の最後には、次のように表示されています。

| comments (0) | trackback (0) | この投稿のみ表示 |

かっこ内の数字は、その紹介文に対するコメント、トラックバックの数を表しています。クリックすることで、コメントやトラックバックを読むことができます。
右側のサイドバーには、最近のコメントやトラックバックが表示されています。

コメントを書きたい

紹介文の一番下に表示されている| comments (0) |という部分をクリックすると、コメントを書き込むことができます。
紹介されている書籍に対する感想や、補足などを書き込めば、後から哲本を見た人にも大いに参考になることでしょう。

トラックバックしたい

トラックバックは、自分用のウェブログを持っている人が使う機能です。
トラックバックは、コメントとよく似た機能ですが、コメントが哲本内に直接返信文を書き込むのに対して、トラックバックは、自分が運営するウェブログに記事を書きます。トラックバックとは、哲本から自分が運営するウェブログの記事にリンクを張る機能のことです。
一般的には、短い文章はコメント機能を使い、長い文章を書くときはトラックバックを使ったりします。また、哲本のオーディエンス(読者)だけでなく、自分が運営するウェブログのオーディエンスにも記事を読んでほしい場合はトラックバックを使えば良いでしょう。
紹介文の一番下に表示されている| trackback (0) |という部分をクリックすると、トラックバック用のURLが表示されます。このURLを使い、自分が加入しているウェブログサービスの指示に従って、トラックバックを行ってください。
この記事には、誰でも自由にトラックバックのテストをしてもらってかまいません。トラックバックは、なかなか理解しにくい機能ですが、一度やってみればよくわかると思います。

 | HOME |  »

みんな哲学の本屋さん
「みんな哲学の本屋さん」は、当メーリングリストに参加するメンバーが、オススメの書籍、CD、DVDなどを紹介するものです。

検索

最近の記事

カテゴリ一覧

最近のトラックバック

追記

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。