みんな哲学の本屋さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい国へ

安部新総理のはじめての本。

なんか、政治家の本を読むのは、田中角栄の『列島改造論』以来かも(笑)
はっきりいうと、文章はあまりうまくない。
勢いもないし、言いたいことを言っていても、
どこか、言葉や思慮が足りない。
ただ、その~なんというか、
『情熱』というにはパワーが足りないけど、
『信念』というすごみはないけど、
言いたいこと、やりたいことがきちんとあって、
それをやり通す意志があって、静かに戦う人なんだと。
これは、キツイ生き方を選んだ。

僕が興味を持ったのは、『地球市民』という考え方を
総理が、うんくさいと思っているところだ。
僕自身は、『地球市民』だし、『ジェンダー論』者だし、
総理の目の敵(笑)だが、総理の言いたいこともわかる。
地域を『国』とするか、『地球の一部』と考えるか
そして、総理は多くの人々が、
自らの意思で『国民』になったのではない。ということを
わかってもらいたいし、
多くの人々は、『自分は選んで日本国民なのだ』という
意識を、しっかり持ってほしい。

正直、何を持って『美しい国』とするのかわからない本だが、
この本を読んで、日本国民はもう一度、
自分は日本国民である。ということが
どういうことのなのか?
総理といっしょに考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック

http://tetuhon.blog7.fc2.com/tb.php/106-b38fa7d3

 | HOME | 

みんな哲学の本屋さん
「みんな哲学の本屋さん」は、当メーリングリストに参加するメンバーが、オススメの書籍、CD、DVDなどを紹介するものです。

検索

最近の記事

カテゴリ一覧

最近のトラックバック

追記

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。