みんな哲学の本屋さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッズサポのバイブル・赤菱のイレブン

え、これが哲学か!!!!
って、ツッコミされても・・・・すいませ~ん。
百歩店長の趣味です。はい。浦和サポ歴20年。
この優勝、人生最良の時でございます。はい。

で、思うわけです。
たとえば、哲学者の中には、プラトニックラブの語源になった
プラトンとか、大哲学者カントとか、他にもニーチェなんかも
結婚せずに、女を楽しむことなく人生を終えたりします。
でも、女を楽しむというは、僕の基準であって、
結婚をしていた哲学者の中にも、嫁さんとの苦労が耐えないとか
恋愛がうまくいかなかったとか、
女をめぐる決闘で亡くなった哲学者もいます。
人生いろいろ・・・と書くのはたやすいのですが
当の本人たち、そして人生を生きている僕たちだって、
深刻に悩んだり、考え込んだりするわけです。
彼女が好きなのは、なぜだろう?


ところが、何かを好きになるということは、
理由を述べられるその向こう側にあり、
理由や理屈はわからないけど、でも、好き。。。という
説明不可能に陥って、
それでも、他人は、『なぜ、好きなの?』と聞き
僕らは考えてしまう。なぜ、好きなのか?

僕は、それを『愛』と呼ぶことにします。

哲学でいえば、人が生きていくとき、そこには愛があります。
愛は何も、異性や家族だけにあるものではありません。
どうしてもやってしまう好きなこと。
そして、それをしっかり『理由はないけどともかく好きだ』って
その『愛』に気がつくことが、人生を豊かに、人間らしく生きる
不可欠な要素と思えるのです。

たぶん、みなさんが探しているものは『愛』です。
でも、それは、自分しかわからない。
なのに、自分だけでは完結できない。自分の外にあるものです。

僕は、6万人の観客のひとりだったけど、
スタジアムにできた、エンブレムの一部だったことに
家に帰ってきて、録画しておいた試合を見て
感動しました。
僕がサポーターをしていることに、誇りを感じました。
僕がいたから、浦和が優勝できたんだ。
なんか、微力にしかならないんだけど、それを誇りに思える。
いい人生を送れたし、この先も送れるんだと
そう思えた、人生最良の日です。

スポンサーサイト

トラックバック

http://tetuhon.blog7.fc2.com/tb.php/107-7c03631f

 | HOME | 

みんな哲学の本屋さん
「みんな哲学の本屋さん」は、当メーリングリストに参加するメンバーが、オススメの書籍、CD、DVDなどを紹介するものです。

検索

最近の記事

カテゴリ一覧

最近のトラックバック

追記

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。